やりすぎスキンケアは禁物!「肌が喜ぶスキンケア?」「肌が泣くスキンケア?」

Pocket

毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法

 

スポンサーリンク

毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引き出す方法:「肌の観察で肌状態を知る」

 

【毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法】をテーマに、スキンケアをおこなう前に、自分自身の肌を知らなずに「自己流の思い込みスキンケアで肌トラブルの原因」になることもあるので、まずは、自分自身の肌を知ることがとても大切になります。

 

乾燥肌(ドライスキン)、脂性肌(オイリースキン)、混合肌の特徴のほか、肌観察時の部位別のチェックポイントを具体的にご紹介しています。

 

自己流の思い込みスキンケアがトラブルの原因?! 

 

敏感肌の特徴と、肌トラブルの原因について、肌質の見極めを間違えてしまうと、せっかくのスキンケアも水の泡になってしまうばかりか、肌トラブルをまねきます。

 

また、もともとの肌質のほかに、生活習慣や一時的に肌に影響する体調、気候などによる肌トラブルもあります。

 

何をしてもキレイにならないとあきらめる前に、何気ない生活習慣を見直すことで、肌の悩みが解消されることがあります。

 

ここでは、代表的な3つのトラブルに対して、以下の具体的な生活習慣の悪例をあげています。「シミができやすい肌質の人の生活習慣」「乾燥してトラブルをおこしやすい肌質の人の生活習慣」「ニキビができやすい肌質の人の生活習慣」。

 

心あたりがある人は、ぜひ、この機会に生活行動を変えて肌状態の変化を観察をおこない、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだしてくださいね。

 

セルフチェックで肌トラブルの原因を発見しよう

 

お顔にあらわれる8つの代表的な肌トラブルを例にあげ、そのトラブルに対して、具体的な生活習慣の悪例をあげています。

 

こちらも、同じように心あたりがある人は、ぜひ、この機会に生活行動を変えて肌状態の変化を観察をおこない、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだしてくださいね。

 

スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まり

 

「洗顔を甘くみていると「キレイな肌」にはなれない」をベースに、肌をキレイにするつもりでおこなっている毎日の洗顔の方法が、自己流の間違った思い込みによる「やりすぎ洗顔法」をおこなっている人は、肌が悲鳴をあげて傷ついてしまい、肌トラブルをまねいている場合があるので、具体的なNG洗顔法をご紹介しています。

 

また、その逆の間違った思い込みによって「洗顔不足」によって、肌トラブルをまねいているケースもご紹介しています。

 

朝起きたときや、ノーメイクの日の夜の洗顔も、肌の水分蒸発をコーティングしてくれる役割の「皮脂」が常に分泌されています。「皮脂」に空気中のほこりなどと混ざって汚れとなり酸化してしまって、肌表面上に付着しています。

 

油分はぬるま湯では落ちないので、「皮脂などの酸化した汚れ」が肌に残ってしまうと、ニキビや黒ずみ、くすみなどのもとになるので、スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まりになります。

 

肌がキレイになるスキンケアの基本「肌に不足している水分を補い、余分な油分は与えない」

 

水分補給が不十分な乾いた肌に、いくらリッチなクリームを塗っても、コーティングされた肌の中がカサカサに乾いた状態であれば、みずみずしい潤いのある肌を取り戻すことはできません。

 

それどころか、肌の表面上に過剰な油分があると、それは汚れとして毛穴に残り、ニキビなどのもとになるかもしれません。

 

また、油分は空気に触れると酸化してしまい、肌にとっては刺激を与えてしまう物質に変化します。この「自己流の間違った思い込みスキンケア」を長く続けてしまうと、日焼けによるシミなど、いろいろなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

だから、肌がキレイになるスキンケアの基本は、「肌に不足している水分を補い、余分な油分は与えない」ことになりますという内容をご紹介しています。

 

「毎日のスキンケアで「肌がキレイになる力」を引きだす方法」は、化粧品が合う合わない以前に、生活習慣や間違った自己流の思い込み肌質やスキンケアによる、肌トラブルから解放され、美肌づくりを楽しむためにご紹介しています。

 

今回は、やりすぎスキンケアは禁物!肌は喜んでいる?泣いている?をテーマに、具体的な悪例をご紹介しながら、エステティシャンの視点から、毎日のスキンケアで〝肌が喜ぶスキンケア方法〟をまとめてみました。

 

もしも〝肌が泣いてるスキンケア方法〟で、〝肌がキレイになれる〟と思い込んで毎日間違ったスキンケアをおこなっているようでしたら、今はトラブルがなくても近い将来、肌が悲鳴をあげたときは〝後悔〟してしまうこともあるので、これを機に見直して、〝肌がキレイになる力〟を引き出してくださいね。

 

スキンケアの前におこなう肌状態を知るための肌の観察で、ご自身の毎日の肌質の変化が分かるようになったら「ホームエステティシャン」です!どんどん美肌を育ててくださいね。

 

お肌のためのスキンケアが肌への刺激になって負担になっていることも・・・

 

はじめてエステを体験した人が共通して驚かれることに、「エステティシャンが顔に加える力がやさしい!」ということがあります。

 

肌をやさしく扱うことがスキンケアの基本

 

ふだんの洗顔でも肌に力を加えすぎ、〝肌が泣くスキンケア〟をおこなっている人が多いと感じています。肌の汚れを落とすのは〝手の力〟ではありません。メイク落としのクレンジングであればクレンジグ剤、洗顔であれば洗顔剤の役割になります。

 

でも、ついつい手に力をこめて強くゴシゴシこすったり、ナイロン製のフェイスブラシで一生懸命こすっている人もいると思います。

 

ところが、セルフエステで美肌を目指すのであれば、強い刺激は肌を傷めるもとになるので、過剰な刺激はタブーになります。

 

また、毎日、朝晩の洗顔時に、スクラブ剤配合の洗顔や、ピーリング剤を用いるのも強い刺激になるので、肌の強い人でない限り〝肌が泣くスキンケア〟になり得るので、オススメはできません。

 

最近ではエステサロンで使用している美容機器の家庭用が多種にわたって販売されています。家庭用は素人が使用してもトラブルを起さないように、サロン仕様のモノに比べると、パワーは弱く設定されているようですが、特に、気をつけて欲しいのが毛穴の汚れを吸い取る吸引器の乱用です。

 

パワーが弱いといえど、刺激を与えるコトになるので、「肌がキレイになる」と思ってお手入れをしているつもりが、〝肌が泣くスキンケア〟になっている場合があります。

 

機器類に添付されている〝取扱説明書〟を、しっかり読み込み、くれぐれも〝やりすぎスキンケア〟は禁物です。指示された通りのご使用くださいね。

 

化粧品の使いすぎにより肌に負担がかかっていませんか?

 

「素肌をキレイに保つ」ための基礎化粧品は、むやみにつければいいというものではありません。

 

肌がキレイになるスキンケアの基本「肌に不足している水分を補い、余分な油分は与えない」でご紹介したように、一時期はスキンケア不足による肌トラブルのご相談が多かったのが、最近では、ケア不足よりも化粧品の使いすぎで「肌が泣くスキンケア」をおこなっている人が多いように感じます。

 

とくに気をつけていただきたいのが、オイル分の多い化粧品になります。肌のカサつきや乾燥が気になる場合は、肌の内部の水分を補ってから、油分が含まれた乳液やクリームでコーティングするだけです。

 

肌表面上に不必要な油分は、空気中のほこりなどと混ざって汚れとなります。さらに油分は、空気に触れると酸化し肌にダメージを与える物質に変質してしまいます。

 

パックの目的を間違えて〝肌が泣いていませんか?〟

 

スキンケアのひとつとして特別な感覚が楽しめ、ふっくら、もっちりとしたキレイな肌になる〝肌が喜ぶスキンケア〟のパックの人気は高く、自宅でおこなうセルフエステの習慣にされている人は多いですね。

 

ところでこのパックについて、いったい何のためにするのか、理解されてパック剤を選ばれているのかな?と疑問に思うことがしばしばあります。

 

たとえば、ふだんの洗顔で落とせない毛穴の汚れやたまった脂を取るための、はがすタイプの強い刺激の加わるパック剤の乱用により、毛穴が開いてしまったり、黒ずみが悪化して〝イチゴ鼻〟になってしまっても、さらに、キレイになると間違った思い込みで〝肌が泣くスキンケア〟を続けている人がいます。

 

古くなった角質が肌に残っていれば、くすみなどの元になるため、はがすタイプのパックも使い方を誤らなければいいのですが、忘れてはいけないのが、必要な角質まで取ってしまうことになり、〝肌が泣くスキンケア〟になります。

 

パック剤の箱の中や裏面には、使用方法や注意書きが表示されていますので、必ず、お読みいただいて、正しく使用してくださいね。

 

個人的には、強い刺激のあるはがすタイプのパックはオススメしません。本来パックのの目的は、毎日のスキンケアで補いきれない、うるおいや水分を補給するために使うものと考えています。

 

マッサージーもやりすぎれば〝肌が泣くスキンケア〟になります

 

マッサージの目的

肌の血行を促進させ、新陳代謝を助けるので〝肌が喜ぶスキンケア〟になります。ただし、これもやり方によっては、マイナス効果の〝肌が泣くスキンケア〟に転換されてしまいます。

 

マッサージによる間違いの多くは「やりすぎ」です。時間が長すぎたり、皮膚を強く摩擦しすぎたり、筋肉に逆らってマッサージをおこなっていたりでは、その効果はかえってNGになりますね。

 

また、拭き取りタイプのマッサージクリームの場合、ティッシュ拭き取りやコットン拭き取りが刺激となり〝肌が泣くスキンケア〟になってしまうことがあります。

 

クレンジングのついでのマッサージもNG

 

これもよくありますが、クレンジグでメイクの脂汚れをせっかく浮かせたのに、肌に塗りなおしているような行為になりますので、気をつけてくださいね。

 

いろいろなところに潜む「肌を傷める原因」

 

肌を傷める原因をつきつめる事が〝肌が喜ぶスキンケア〟のポイントになりますが、原因が分からないままに、期待した効果が得られないのは化粧品が合わないからと決めつけ、次から次へと化粧品を買い換えても〝肌が喜ぶスキンケア〟とはいえませんね。

 

毎日のスキンケアで「肌がキレイになる力」を引きだす10のポイント

 

顔の洗浄(クレンジング・洗顔・化粧水)

①朝晩2回の洗顔が基本になります。脂性肌(オイリースキン)でニキビができやすい人は、肌の状態によって1日3~5回くらいまでの洗顔はOK。

 

②毎日の洗顔でブラシなどの道具を使うと、刺激が強くなりすぎて〝肌が泣くスキンケア〟になってしまいます。〝こすりすぎ〟たち〝やりすぎ〟は、肌荒れやシミの原因にもなりかねないので、手で洗うのがいちばんオススメです。

 

③豊富な洗顔料のなかでおススメは、石鹸になります。しっとりタイプの洗顔料は洗浄力不足により汚れがきちんと落ちていないこともあります。また、スクラブ剤は日本人には適していないと思いますが、好まれる場合は、週に2回程度にとどめて使われてみてはいかがでしょうか。

 

④メイクをしている人は、必ず、メイク落としのクレンジングと洗顔のダブル洗顔をおこないましょう。朝は石鹸洗顔、もしくは、クレンジング洗顔のどちらかでOK。

 

(※肌が乾燥している人や肌が弱い人は、朝の洗顔をメイク落としのクレンジングで代用することで、肌への刺激を軽減することができます。わたしは40代後半から、朝の洗顔をジェルタイプのクレンジングでおこなっています。)

 

⑤拭き取りタイプのプレンジングは〝肌が泣くスキンケア〟となるので、洗い流すタイプのスキンケアをオススメします。

 

⑥メイク汚れは油分を含むクレンジグを用いておこないますが、オイルクレンジグやクリーム状のクレンジング剤は石鹸洗顔しても油分が残りやすいので、顔の洗浄をする行為のクレンジング、洗顔、そしてPH(ペーハー)を整える化粧水は、同じブランドの基礎化粧品を使用すること。

 

各メーカーは、クレンジングに対して、洗顔、そして、洗顔後の肌の酸性状態を整えるためのPH調整を考えて、基礎化粧品を作られています。肌の洗浄は、クレンジング、洗顔、化粧水までだと意識を変えてくださいね。

 

⑦イチゴ鼻や毛穴の開きの原因となる、はがすタイプ(ピールオフタイプ)のい〝肌が泣くスキンケア〟は、角質を無理やりはがしている行為になりかねません。パックはあくまでも保湿るすことが目的だと考えています。

 

⑧適度なマッサージは「肌が喜ぶスキンケア」ですが、〝やりすぎマッサージ〟は「肌が泣くスキンケア」になります。〝こすりすぎ〟は、シワ・たるみ・シミのもとになるので気をつけましょう。

 

⑨(鎖骨や胸元、肩口にかけてのシミができやすい場合)ナイロンタオルやブラシなどでゴシゴシ洗い続けると、シミができやすくなることがあります。軟らかいタオルでやさしく洗いましょう。

 

⑩サンスクリーン剤や日焼け対策は、スキンケアの最後の仕上げに、天気がよくなくても、1年をとおしておこないましょう。

 

まとめ

やりすぎスキンケアは禁物!「肌が喜ぶスキンケア?」「肌が泣くスキンケア?」

 

思い当たることが合った人は、なかなか、習慣を変えるのは大変かと思いますが、何をしても期待できる効果が得られないという場合、視点をかえてみるのもひとつの方法になります。

 

肌トラブルは、スキンケア以外でもふだん飲んだり食べたりしているもの、服用している薬の副作用など、シミ・シワ・ニキビの原因はほんとうにさまざまになります。

 

大切なのは、肌の状態を知るための肌観察を毎日おこない、自分の肌の状態にあった化粧品で、正しいスキンケアをおこなうことが、毎日のスキンケアで「肌がキレイになる力」を引きだす方法になります。

 

次回からは、化粧品選びを間違えるとせっかくのスキンケアも逆効果になるので、「スキンケア化粧品の選び方」について、ご紹介していきますね。お楽しみに。

 

Pocket

コメントを残す