スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まり

Pocket

毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法

 

スポンサーリンク

毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引き出す方法:「肌の観察で肌状態を知る」

 

【毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法】をテーマに、スキンケアをおこなう前に、自分自身の肌を知らなずに「自己流の思い込みスキンケアで肌トラブルの原因」になることもあるので、まずは、自分自身の肌を知ることがとても大切になります。

 

乾燥肌(ドライスキン)、脂性肌(オイリースキン)、混合肌の特徴のほか、肌観察時の部位別のチェックポイントを具体的にご紹介しています。

 

自己流の思い込みスキンケアがトラブルの原因?! 

 

敏感肌の特徴と、肌トラブルの原因について、肌質の見極めを間違えてしまうと、せっかくのスキンケアも水の泡になってしまうばかりか、肌トラブルをまねきます。

 

また、もともとの肌質のほかに、生活習慣や一時的に肌に影響する体調、気候などによる肌トラブルもあります。

 

何をしてもキレイにならないとあきらめる前に、何気ない生活習慣を見直すことで、肌の悩みが解消されることがあります。

 

ここでは、代表的な3つのトラブルに対して、以下の具体的な生活習慣の悪例をあげています。「シミができやすい肌質の人の生活習慣」「乾燥してトラブルをおこしやすい肌質の人の生活習慣」「ニキビができやすい肌質の人の生活習慣」。

 

心あたりがある人は、ぜひ、この機会に生活行動を変えて肌状態の変化を観察をおこない、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだしてくださいね。

 

セルフチェックで肌トラブルの原因を発見しよう

 

お顔にあらわれる8つの代表的な肌トラブルを例にあげ、そのトラブルに対して、具体的な生活習慣の悪例をあげています。

 

こちらも、同じように心あたりがある人は、ぜひ、この機会に生活行動を変えて肌状態の変化を観察をおこない、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだしてくださいね。

 

今回ご紹介する「毎日のスキンケアで「キレイになる力」をひきだす方法」は、『スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まり』をテーマにしています。

 

「洗顔を甘くみていると、キレイな肌にはなれない!」という、スキンケアの基本について説明していきますね。

 

※豊富な情報が溢れているため、ご存知の方も多いとは思いますが、実際にエステで指導していたセルフスキンケアの一部をご紹介しているので、復習のつもりで読み流してくださいね。

洗顔を甘くみていると、キレイな肌にはなれない!

 

スキンケアの基本は洗顔です!

 

毎日のスキンケアで「もっとも気をくばって」おこなうべき洗顔なのですが、お肌が泣くような洗顔法を繰り返されている人が、とても多いように感じています。

 

ひょっとして、以下のような「自己流の間違った思い込みスキンケア」によってお肌を泣かせていませんか?

 

お肌が悲鳴をあげる洗顔法のよくあるパターン

 

  • メイクしない日は水(お湯)で感単に流すだけ
  • いい洗顔料を使っているからクレンジングは不要
  • 肌が乾燥しやすいからクレンジグでメイクを落とすだけ

 

これでは毛穴にファンデーションなどの汚れが残ったままになるので、その後につける化粧水や美容液が十分に浸透せず、化粧品のもつ役割が発揮されないことになり、お肌が悲鳴をあげてしまいます。

 

また、翌朝のメイクのりも悪くなってしまいます・・・。

 

スキンケアの基本となる洗顔の目的

 

そもそもスキンケアの基本となる洗顔の目的は、肌についた汚れを落とし、清潔にすることです。

 

朝起きたときや、ノーメイクだった日の夜の洗顔の目的

 

肌で分泌された皮脂が肌表面上で酸化しています。その汚れを落とすためです。

 

メイクをした日の夜の洗顔の目的

 

1日メイクをしてすごした肌は、メイクの油分と、空気中の汚れ、内側から分泌された皮脂が肌の表面上に付着している状態です。

 

メイクの油汚れを落とすためのクレンジングをおこないます。このときも、「やさしく扱うことを基本」として、クレンジング剤を顔全体にのばし、メイクとなじませ、メイクが浮いてきたら洗い流します。

スポンサーリンク

 

これでさっぱりした感覚になる人もいますが、肌表面上には取りきれなかった汚れやクレンジング料の油分が残っています。油分をそのままにしておくと、酸化して肌への刺激となるので、残った汚れを洗い流すために洗顔をおこないます。

 

これが、毎日おこなうベーシックな「ダブル洗顔」方法です。

 

ところが、実際には「自己流の間違った思い込みスキンケア」をおこなっている人の中には、期待を裏切らず「自己流の洗顔」を続けている人も少なくないようです。

 

ニキビが気になる自己流の「やりすぎ洗顔法」をおこなっている人の例

 

  • ニキビが気になる!脂性肌(オイリースキン)だからという理由で、思いっきりゴシゴシ洗う人。
  • 同じ理由で3~5分間ほど、ナイロンブラシや硬いタオル、もしくは手の圧を加えて力強く洗い続ける人。
  • 1日に何度も何度も洗顔する人。
  • 消毒じゃないけど、殺菌できそうと言う理由で無意味に熱いお湯を使って洗う人。

 

その他にも、いろいろな「やりすぎ洗顔法」をおこなっている人がいると思われます。

 

気になるからといって時間と手間をかけて「肌がキレイになるため」におこなっているはずの洗顔が、これでは、肌は悲鳴をあげてしまいます。

 

やりすぎしてしまうタイプの人が気をつけること

 

物足りなくてもスキンケアの基本の洗顔はとくに「やさしく扱う」です!肌への刺激や負担はタブーだと、言い聞かせてくださいね。

 

また、「やりすぎ洗顔法」は肌をいじめることになりますが、逆の「洗顔不足」も問題になります。

 

洗顔不足による問題

 

乾燥しやすい肌で、洗った後のつっぱり感が嫌だから洗顔はしない!というタイプの人

 

実際には汚れがきちんと落としきれていないことがもとで、肌トラブルを起こすことがあります。

 

朝の洗顔やノーメイクだった日の夜の洗顔を、ぬるま湯で洗い流すだけで大丈夫と思っているタイプの人

 

このケースの場合の問題は「皮脂」になります。本来はお肌の潤い成分をコーティングする役割の「皮脂」は、肌の水分の蒸発を防ぐために、常に分泌されています。

 

時間がたてば「皮脂」は、肌表面上にたまり、酸化して変質し、空気中のほこりなどが混ざって汚れとなってしまいます。

 

(皮脂が酸化した)汚れは、油分になるので水やぬるま湯ですすいだだけでは取り除くことはできません。

 

(皮脂が酸化した)汚れが、肌の表面の溝や毛穴にたまると、ニキビや黒ずみ、くすみのもとになってしまいます。

 

だから、朝の洗顔やノーメイクだった日の夜の洗顔も、洗顔はスキンケアの基本です。汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まりであり、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす始まりにもなります。

 

まとめ

 

毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法をテーマに、今回は「スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まり」についてご紹介しました。

 

洗顔を甘くみていると「キレイな肌」にはなれない。

 

肌に残ったメイクなどの油分を洗い流さないと、酸化して変質しているので肌トラブルの元になる。

 

本来は肌の水分蒸発をコーティングしてくれる役割の「皮脂」も、空気中のほこりなどと混ざって汚れとなり酸化してしまうので、ニキビや黒ずみ、くすみなどのもとになります。

 

だからノーメイクの日でも、朝起きたときも、スキンケアの基本は洗顔!汚れをキレイに落とすことが美肌づくりの始まりであり、毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだすはじまりになるということをご紹介しました。

 

次回は、肌がキレイになるスキンケアの基本「肌に不足している水分を補い、余分な油分は与えない」をテーマにご紹介しますね。

肌が欲しがっているのは油分ではなく水分だ!みたいな内容ですので、お楽しみに。

また、エステティシャンが教えるあなたもこれでホームエステティシャンになれる!みたいな実際のスキンケア方法についても、ご紹介していくのであわせてお楽しみに・・・。

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す