【リンパの流れ】美肌やスリムなボディになるために

Pocket

 

スポンサーリンク

リンパは毛細リンパ管・リンパ管、リンパ節からなりたっています。エステティシャンのかたは、ぜひ、読み進めて復習してください。

 

一般の方は、小難しい説明になるかもしれませんが、なんとなく見たり聞いたりのはなしだと思うので、頑張れそうであれば、スリムなボディになるために「むくみの正体」である組織間液(リンパ液)やリンパの流れについて理解を深めてくださいね。

 

 

毛細リンパ管

 

血液が流れる血管が全身に張りめぐっているように、体内には血管にそってリンパ管が、網の目状に張りめぐっています。

 

血液の液体成分は、常に血管内を流れているのではなく、細胞に栄養素と酸素をとどけるために、毛細血管の動脈側からにじみ出ます(流出します)。

 

そして老廃物と二酸化炭素を回収して、静脈側の毛細血管に戻ります。このときに戻れなった水分がリンパ液となります。詳しくは、【リンパのしくみ】体液・リンパ液・血液の性質と違いをご覧くださいね。

 

毛細血管と似ていますが、毛細リンパ管のほうが太く、ポンプの役目になる弁もないので、自力でリンパ液を流すことができません。

 

近くにある動脈管が血液を流すときの、わずかな外力によって、リンパ液を流しています。

 

手先や足先にある毛細リンパ管が、繰り返し、繰り返し合流をかさねることで、太いリンパ管になります。

 

リンパ管

 

リンパ管は、毛細リンパ管が流れ込む管になります。血管とおなじく、全身の抹消組織まで分布しています。

 

その構造は静脈の血管とよく似ています。

 

毛細リンパ管が手先や足先からゆっくりにじみ出て、合流を繰り返し太くなったものがリンパ管です。

 

多くの弁をもち、とくに太いものでは弁の部分がふくらみ、数珠状(じゅずじょう)につながってみえます。

 

リンパ管には、その流れのあいだのとろどころに、リンパ節というソラマメのふくらみが存在します。

 

リンパ管は、リンパ節を経由しながら最後は、リンパ本幹となって静脈につながります。

 

右上半身のリンパ管は右リンパ本管に集まり、それ以外からのリンパ管は胸管に集まり、それぞれ鎖骨下静脈に合流します。

 

リンパはどうやって流れているのか?

 

リンパ管には逆流しないための弁はあります。でも、心臓のようなポンプのはたらきはしません。

 

そこで弁と弁との中間部には※平滑筋(へいかつきん)がついています。

 

※平滑筋の特徴は、自分の意思では動かせない筋肉です。主に自律神経によって支配され、内臓(消化器・呼吸器・泌尿器・生殖器)・血管の壁や皮膚の立毛筋(とり肌になるときにはたらく筋肉)が、平滑筋になります。

 

リンパ管の収縮・拡張させる神経がこの平滑筋に進入しているので、弁と弁の中間部の収縮や※蠕動運動(ぜんどううんどう)によって、リンパは常に一定の方向に流れています。

 

〝余談〟になります。

28年前、わたしがエステティシャンになるため、当時はエステティック協会の認定エステティシャン制度がない時代でした。

現在は学校法人となっている美容専門学校の前身である、某エステティックスールで学んだころは、毛細リンパ管には神経は分布しない学説であり、そのように教えられていました。

人体の解明はまだまだ研究がされています。近年では電子顕微鏡の性能が高くなったことで、神経が確認されています。

 

また、静脈内の血管を、心臓にもどすための骨格筋の(筋)ポンプの役目や、腹式呼吸などをおこなうことで、胸腔内圧の変化による(呼吸)ポンプも、リンパの流れを促進させます。

 

肌や筋肉など、外的な刺激によるマッサージも、効果が期待できます。

 

左右で異なるリンパの流れ

 

「左上半身・下半身の流れ」と「右上半身の流れ」に分かれます。

 

「左上半身・下半身の流れ」

 

「足先や指先」にある毛細リンパ管がリンパの流れのはじまり

※毛細リンパ管は皮膚のすぐ下にあるリンパで、複数の毛細リンパ管が合流を繰り返しながら、内部に太い弁をもつリンパ管になります。

リンパ管→リンパ節→胸管→左静脈

 

リンパの大きな特徴のひとつが、左リンパの流れが右側より広範囲だということです。

 

両足や腹部・腰部などのリンパは左側になります。左右とも最後は鎖骨下の静脈に流れます。

 

「右上半身の流れ」

 

毛細リンパ管→リンパ管→リンパ節→右リンパ本幹→右静脈

リンパは別名「白い血液」

 

血液からにじみ出たリンパには赤血球が存在しません。だから無色もしくは色が薄いため、ヒポクラスによって「白い血液」と呼ばれていました。

スポンサーリンク

 

また、理髪店の回転する3色看板でみられる赤色・青色・白色は「動脈血」「静脈血」「包帯」をあらわすと学びましたが、最近では、白色の包帯の意味が、実はリンパ液ではないか?という見解もあるようです。

 

リンパをろ過してカラダを守り綺麗にするリンパ節

 

リンパの流れは、心臓に近づくまでのあいだ、数千ものリンパ節でろ過されています。

リンパ節には、白血球の一種である単球(マクロファージ)が存在します。

リンパの中の細菌やウイルスなどの異物を食べつくしてくれます。

 

リンパ節内には、たくさんのリンパ球といわれる、単球(マクロファージ)とおなじく、細菌やウイルスなどの異物と〝たたかい〟カラダを防衛しています。

 

美肌や美容効果とリンパの関係

 

皮膚のすぐ下、血管にそって網の目状のようにながれているリンパ。リンパドレナージュなどマッサージをおこなうと、リンパの流れが刺激されます。

 

この刺激をうけて、むくみや疲労、肩コリ・腰痛などが解消され、体内のリンパ液の新陳代謝もよくなり、美肌やスリム効果などの美容効果が期待できます。

 

ダイエット・スリムなボディとリンパの関係

 

カラダの骨に近い、インナーマッスルと呼ばれている筋肉の周辺を流れているリンパ。

 

これらに刺激を与えると、リンパの流れが良くなり、インナーマッスルの活動代謝がよくなります。

 

ふだんわたしたちが運動をおこなう目的は、この活動代謝をあげるためです。

 

リンパドレナージュ、リンパマッサージをおこなうことで、運動と同様の効果が期待できるので、ぜい肉の引き締め効果やダイエットでスリムなボディにつながりますね。

 

まとめ

 

リンパ液の流れはおだやかで、リンパ管の収縮・拡張させる神経が平滑筋に進入しているので、弁と弁の中間部の収縮や※蠕動運動(ぜんどううんどう)によって、リンパは常に一定の方向に流れている。

 

静脈内の血管を、心臓にもどす骨格筋の(筋)ポンプの役目。腹式呼吸などをおこなうことで、胸腔内圧の変化による(呼吸)ポンプも、リンパの流れを促進させる。

 

左右で異なるリンパの流れは、「左上半身・下半身の流れ」

毛細リンパ管→リンパ管→リンパ節→胸管→左静脈

 

「右上半身」

毛細リンパ管→リンパ管→リンパ節→右リンパ本幹→右静脈

 

リンパ節は、細菌やウイルスなどの異物とたたっかて「ろ過」するはたらきがある。

 

美肌や美容効果とリンパの関係、皮膚のすぐ下、血管にそって網の目状のようにながれているリンパにマッサージをおこなうと、リンパの流れが刺激され、体内のリンパ液の新陳代謝がよくなり、美肌や美容効果が期待できます。

 

ダイエットやスリムなボディ効果とリンパの関係,インナーマッスルの周りのリンパに刺激を与えると、リンパの流れが良くなりインナーマッスルの活動代謝がよくなる。

 

運動をおこなう目的は、活動代謝をあげるためなので、リンパマッサージで活動代謝があがるということは、スリムなボディ効果やダイエットにつながるといえます。

 

【リンパの構造】では、むくみの正体である、リンパの循環、リンパの流れ、どうやってリンパを流すのか?美容効果とリンパの関係について、解説しました。

 

このリンパの説明は、カラダの機能面での解説になるため、少々、小難しい内容が多いと思います。エステティシャンであれば、生理解剖学で学ぶ基本的な内容になります。

 

「太る」ということは、なぜ?太るのか?

 

単純に食べすぎだけではなく、カラダの機能を深く理解することで成功するダイエットで、スリムなボディをめざしてくださいね。

 

では、次回はいよいよ、むくみの正体である『むくみ』について、解説します。

 

このむくみが蓄積されると、セルライト化され、気になる部分の悩みが膨らんできます。

 

リンパドレナージュなど、セルフケアで早めにむくみケアの必要性をわかっていただくために、カテゴリー「むくみの正体」に記事を積みかさねています。

 

 

ひきつづき、ご覧くださいね。

【むくみの正体】「冷え症」はリンパの流れが悪くなり脂肪がつきやい太りやすい体質に・・・!

 

ストレスの原因とライフイベントのストレス耐性と強度

 

 

ストレスの耐性とうまくつきあう方法

 

 

 

Pocket

コメントを残す