自己流の思い込みスキンケアがトラブルの原因?!

Pocket

毎日のスキンケアで「肌がキレイになる力」を引き出す方法

季節の変わり目なると増加する「肌荒れ」や「ニキビ」「かぶれ」。こんな症状を経験した人は、自分の肌質を聞かれたときに「乾燥肌(ドライスキン)」「脂性肌(オイリースキン)」に加えて「敏感肌」と答えられる人も多いです。

「敏感肌」と思い込まれている人の大半は、「肌が荒れて化粧品カブレをおこしやすい」「ニキビができやすい」ことで悩まれています。

「敏感」というと、とてもデリケートな感じがして、肌トラブルをおこして悩まれている人にとっては、自分は敏感肌だと思い込まれている人も多いですが、ほんとうに「敏感肌」の人はそんなに多くはないということを経験しています。

今回の『毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法』は肌の観察、肌状態を小まめにチェックを基本に、「敏感肌」とはどんな肌質なのかを知っていただいて、「自己流の思い込みがスキンケアトラブルの原因」をまねいているかもしれない!ということを解説していきいたいと思います。

「乾燥肌(ドライスキン)」「脂性肌(オイリースキン)」について知りたい人は、肌質の見分け方を中心にご紹介しているこちら↓↓↓をご覧ください。

敏感肌の特徴

「敏感肌」とは、そもそもアレルギー反応をおこしやすい肌質になります。

化粧品に含まれる原料や香料、色素などの成分に対してアレルギー反応をおこしやすく、その原因となる成分が含まれた化粧品を使うことで、塗った部分が赤くなったり、かゆみや湿疹などのトラブルをまねきやすい肌になります。

化粧品トラブルがアレルギーのために起きたとしたら、原因となった成分が特定できれば、それを避けることで対処ができるので、どんな化粧品も合わないことにはなりません。

また、アレルギーの原因となるモノは、化粧品だけではなく、香水・ダニ・ハウスダスト・花粉・ナイロン製品・アクセサリーの金属に至るまで、さまざまです。ここにあげていないモノでもたくさんあり、人によってそれぞれ違います。

「肌荒れしやすいから・・・」「ニキビができやすいから・・・」と、敏感肌と思い込まれている人がいますが、実は、間違ったスキンケアによって肌トラブルをまねいている場合がありますにで、次にご紹介しますね。

間違ったスキンケアが肌トラブルの原因?!

化粧品によって肌トラブルをおこしたと思っている人の中には、化粧品そのものではなく、その使用方法に問題がある場合も少なくないようです。

よくあるケースを例にあげると、「脂性肌(オイリースキン)」の人が、ニキビが気になり、自己流の思い込みで敏感肌用の洗顔料を使用して、次から次へニキビができてしまうケースがあります。

敏感肌用の化粧品は、アレルギーの原因となる成分をできるだけ使わないように配慮して作られているので、皮脂の分泌量が多い「脂性肌(オイリースキン)」では、過剰な皮脂をキレイに洗浄することができず、ニキビが増えてしまうことが考えられます。

これは「自己流で敏感肌と思い込み」が招いた、キレイになるためのスキンケアが逆効果の肌トラブルになった一例になります。

その他の肌トラブルの原因

古い化粧品や紫外線を浴びた化粧品は、成分が酸化してしまい肌にトラブルをおこすことがあります。

スキンケアを細心の注意をはらって、丁寧におこなっていても、メイク時の化粧パフやスポンジ、ブラシの汚れなどは、「肌トラブルをまねきましょう!」みたいなおこないです。

敏感肌とか、化粧品が合わないと決めつける前に、日常のスキンケア(メイクに至るまで)全体を見直して、問題がないかチェックしてください。

敏感肌と思われる人はパッチテストで確認する習慣

自分が敏感肌かどうかを確認する方法に、簡単なパッチテストがあります。今、かぶれがある人は、パッチテストによってその化粧が原因かどうか判断できます。

また、かぶれやすい人、以前、かぶれたことがある人は、新しい化粧品を使用する前に、サンプル(試供品)で、パッチテストをおこなうことを習慣にすれば、安心して新しい化粧品もとり入れることができますね。

自分で簡単にできるパッチテスト

絆創膏(ばんそうこう)のガーゼの部分に、試してみたい化粧品をつけ、二の腕の柔らかい内側に貼り付けます。

24時間~48時間そのまま貼っておき、絆創膏のガーゼの当たっていた部分が赤くなっていたら、その化粧品は合わないと考えられます。

肌質によっておきやすい肌トラブルの傾向

自分の肌をよく知るためには、肌の観察をおこない、肌状態を小まめに確認することです。そして、体質や生活習慣がまねく「おこりやすい肌トラブルの傾向」があることを把握しておくことも大切になります。

体質や生活習慣が招く「おこりやすい肌トラブルの傾向」

肌トラブルを大きく分けると以下の3つになります。

  • シミができやすい肌質
  • 乾燥してトラブルがおきやすい肌
  • ニキビができやすい肌質

これらのトラブルは、「乾燥(ドライスキン)」「脂性肌(オイリースキン)」といった、肌の表面に現れる肌質のほかに、それぞれの人の生活習慣なども要因となっておきていることが多いです。

肌にあらわれることだけでなく、睡眠時間・食事やスポーツなどの趣味、嗜好に関する生活習慣をトラブル別にまとめてみました。

今は問題の健康な肌状態の人も、食事やお酒、タバコのように、自分で改善できる習慣があれば、毎日のスキンケアに加えて、積極的に「肌がキレイになる力」を引きだすために、チャレンジしてくださいね。

シミができやすい肌質の人の生活習慣

  • アウトドアスポーツ、ドライブが好きでよく車の運転を行う
  • 冷え性である
  • AM10:00~PM3:00の間に洗濯をしたり外出することが多い
  • タバコを1日10本以上吸う
  • 化粧をしないで外出することが多い
  • 若い頃は好んで日焼けしていた
  • スキーが好きで春スキーを楽しむ
  • 夏は日焼けを好む
  • クヨクヨと悩んだり落ち込みやすい
  • 自家製パックや自家製化粧水を好んで使う
  • 化粧直しをしない
  • 夜更かしをよくする
  • 週に2回以上の飲酒の習慣がある
  • 顔や体をナイロンブラシやナイロンタオルで洗う
  • ピルを服用している

 対 策 

スポンサーリンク
  • 紫外線をできるだけ防ぐ(日焼け止めはスキンケアの際に毎日おこなう)
  • ビタミンCを積極的にとる
  • 睡眠不足を防ぐ

乾燥してトラブルがおきやすい肌質の人の生活習慣

  • 季節の変わり目に肌トラブルをおこしやすい
  • 幼いころ、水いぼやとびひを経験したことがある
  • 化粧品トラブルをおこしたことがある
  • 汗や太陽に当たるとかゆみが出ることがある
  • 手の指に水泡ができたり、かゆみがでることがある
  • かゆみをともなう湿疹ができやすい
  • 目、口のまわりが赤くなってかゆくなることが多い
  • 部分的に粉がふいたように乾燥することがある
  • 唇のたての溝が深く、赤くなったり皮がむけたりする
  • 両親のどちらかが肌が弱い
  • イヤリングやネックレスなどでかぶれたことがある
  • ナイロン製のストッキングや下着などでかゆみを感じることがある
  • 化粧水や乳液をつけても肌がカサつくことがある
  • 化粧品を次々変える
  • 虫さされの痕がなかなか治らない

 対 策 

  • 内面では水分補給を心がけ、保湿を十分に行い乾燥から肌を守る
  • かゆみなどがある時は、応急措置で患部を冷やす。おさまらない場合は皮膚科を受診し、かゆみを抑える。

ニキビができやすい人の生活習慣

  • 夜、遅い時間に飲食することが多い
  • 1日8時間以上メイクしている
  • 胃腸が弱い
  • 生理不順である
  • 和食よりも、洋食や中華料理を好んで食べる
  • 食べものの好き嫌いが激しく、偏食気味である
  • おせんべいやナッツ類を好んで食べる
  • 洗顔後、何もつけなくても肌がつっぱらない
  • スキンケアに油分の多い乳液やクリームを使用している
  • メイクを落とさずに寝ることが多い
  • クリームやオイルでよくマッサージをおこなう
  • スクラブ洗顔以外、物足りなさを感じる
  • メイク落としにクレンジングオイルやクリームを使用している
  • 整理前になると吹出物が出ることが多い
  • 髪の毛をかきあげる癖がある

 対 策 

  • 小まめに洗顔し十分にすすぐ
  • 油分を含む基礎化粧品は控える

ニキビ・乾燥・シワ・シミ・くすみ・・・自己流の思い込みスキンケアがトラブルの原因?!

「25歳はお肌の曲がり角」といわれていますが、現実はもっときびしく「肌の老化は18歳ころからはじまっている」といわれています。この老化のスピードは個人差がありますが、年々、肌年齢と実年齢の違いを感じております。

最近は素肌がキレイな10代の女子が、あたり前のようにフルメイクをする時代です。きちんとスキンケアをおこなっていればいいのですが、肌をいじめている状態が続けば、実年齢以上に肌年齢が老化してしまうことになりかねません。

年齢より若く見える人の共通しているところは、私見になりますが肌がキレイということです。年齢よりも若く見える人、老けて見える人、肌の状態は見た目の印象を大きく左右すると感じています。

年齢をかさなるとともに、肌の老化は止めることはできなくても、老化のスピードを遅らすことは可能です。

肌の老化を速める大きな要因とされているのが、シミやシワの大敵「紫外線」、乾燥、油分の与えすぎ、摩擦などによる肌への刺激、全身の新陳代謝の低下があげられます。

これらは、自分の努力で改善できることですね。でも、気をつけないといけないのが!!「一生懸命に手入れをしているつもりで肌をいじめているケース」です。

どうして?一生懸命スキンケアしているのに老化が進むの?

肌には肌が健康を保とうとするしくみがあります。スキンケアの基本は、この肌がもっている力を最大限に発揮させることです。

スキンケアをおこなうときに、何でもいいから適当につければいいというものではありません。

カサついた肌をキレイにしたいと思って、油分の多い乳液やクリームをつけすぎて、それがトラブルをまねいていることもあります。

老化したくないという気持ちから、20代前半の人が年配者が好むようなこってりいた油分の多い栄養クリームをつければ、皮脂の分泌が盛んな若い肌には逆効果で悲鳴をあげてしまいます。

もしも、同年代の人よりも肌が老けて見えるという人は、基礎化粧品の選び方、また、スキンケアの方法を見直してみましょう。(スキンケア方法については、また、ご紹介しますね)

まとめ

自己流の思い込みスキンケアが肌トラブルの原因?!と題して、前半では、前回に引き続いて「敏感肌の特徴」、多くのトラブルを抱えた人が、「敏感肌と思い込んでトラブルを拡げている、もしくは悪化させている。あるいは新たに発生させている」という、ことをお伝えしました。

また、肌トラブルの原因は「誤ったスキンケア」「誤った肌質の見極め」だけでなく、生活習慣も大きく関係するこということを、ご紹介させていただきました。

健康な肌状態の人も、ストレスなどの影響で肌トラブルをまねくことがあります。それに気づくためにも、肌の観察をおこない、肌状態を小まめにチェックすることがポイントになります。

肌は呼吸をしています。毎日、毎日、肌と向き合って「ご自身の肌の状態に気づいてあげてくださいね」

次回の『毎日のスキンケアで「キレイになる力」を引きだす方法』は、「セルフチェックで肌トラブルの原因を発見しよう」を予定しています。お楽しみに。

Pocket

コメントを残す