何をしても細くならない太い足は浮き指が原因かも?セルフチェック・セルフケアですっきり解消!

Pocket

「足が太くて太くて洋服選びがたいへんで嫌!」

スポンサーリンク

「ジーンズが似合う女性になりたい!」

「ミニスカートにハイヒールで通りを歩きたい!」

だけど・・・頑張ってダイエットしても、スクワットを試みても、なかなか結果がでなくて「もう何とかしたい~!」

とはいうものの・・・スラッとした脚元にパンプスで、颯爽と歩く女性に憧れているけど、『足瘦せはむずかしい!』この大根足ちゃんはもう諦めないといけないかもしれない・・・。

これらの声は、実際にわたしが現役でエステティックサロンを運営して頃のお客さまの悩みでした。

顔で笑って心は泣いて!というフレーズがピッタリはまる感情を抱えての悲痛な心の叫び声の数々!

彼女たちにはエステティックでおこなっていた「モンテセラピー」という、骨盤のゆがみを正すことを目的にした施術と、気になる下半身についたセルライトを小さくするケアをオススメし、セルフケアとしてあることをアドバイスし悩みを解消しました。

あることとは?

あたり前のように毎日の生活で、あたり前のようにおこなっていることです。

今回は、そのあることの癖をなおすことでなぜ?足やせに効果があったのかを解説しながら、日常生活の習慣を正すだけで美脚が手に入る方法をご紹介します。

時間や費用の問題でエステティックサロンに通うことができない人は、あることだけでも大丈夫!なので読みすすめてくださいね。

また、エステティックサロンに通うことはできないけど、どんなものか一度は試したい!そんな思いをお持ちの方は、お近くのモンテセラピーサロンを探され、初回体験価格で格安にカラダのバランスをととのえてもらうのも良い経験になるかもしれないですね。

太い足は浮き指が原因だった!?

本日のタイトルにもなっている、【何をしても細くならない太い足は浮き指が原因かも?セルフチェック・セルフケアですっきり解消!】の「浮き指」とは一体どんな指なのかを説明します。

浮き指とは?

「浮き指」とは、文字通り足の指が地面に接地したときに、好ましくない浮いた状態になります。これを浮き指といい足裏の異常になります。

足の親指を足の甲に向けて押したときに90度以上、反りかえる場合は「浮き指」の疑いがあります。正常な場合は、親指が45~75度までしか反らないです。

なぜ?浮き指になるのか?

ヒールを履いたり、大き目のサイズの靴を愛用する習慣があったりなど、脱げやすい靴で歩行するとき、足の指先で靴が脱げないようにロックしてしまい、続けることで浮き指となってしまいます。

女性の場合はミュールやヒールを履く機会が多いので、自覚症状がないままにかなりの確率で「浮き指」だといわれています。

「浮き指」だと下半身が太りやすくなる理由

本来わたしたちが歩くときは土踏まずに沿って、「かかと⇒指の付け根⇒足指」という3点で体重をバランスよく支えて歩いています。

ところが「浮き指」の場合、足指が地面につかないので「かかと⇒指の付け根」の2点で支えることになり、バランスのとりにくい不安定な状態で歩いています。

このバランスの悪い歩き方を補うために浮き指のひとは、「本来は必要でないふくらはぎや太ももの筋肉が不自然に発達」してしまいます。

足の指を使わないことが習慣になった浮き指のひとは、不自然に発達した筋肉を使う機会が少なくなり、筋肉の周囲に脂肪がたくわえられ、その結果、脚全体が太くなってしまいます。

また、足裏が不安定になりやすくバランスをとるため、足が外側を向いてしまいO脚の原因にもなります。

カラダはつながっていますので、この浮き指からO脚に変形すると、骨盤がゆがみ、内臓が下垂しポッコリお腹や、腰の周りにも余分な脂肪がついてしまい下半身太りをまねいてしまいます。

だから、脚痩せのためにダイエットしても、正しい姿勢でない状態で運動しても効果が実感できなかったのです。

浮き指のセルフチェック

ー浮き指セルチェックー

◇上半身と下半身のバランスが悪く下半身ばかり太りやすい

太ももが骨盤より外側にはみだしている

◇ストレッチや筋トレをおこなっても下半身には効果があらわれにくい

◇ヒールの高いパンプスを好んで履く

◇腰痛もち

◇お尻が異様に目立つ

上記にひとつでも該当する場合は、浮き指の可能性があります。先述の手で親指を足の甲側に反られたときの角度をたしかめてください。

浮き指の解消セルフケア

足の指のストレッチ

まずは使っていなかった足の指のエクササイズ!といっても、とっても簡単なことです。足の指を開いたり閉じたり、グー・チョキ・パー遊びや、足指を立てたり、寝かしたりを繰り返して指の筋肉を鍛えましょう。

正しい姿勢

冒頭のあることとは、正しい姿勢とウォーキングになります。美しい立ち姿勢の基本は意識されている方は少ないですが、腹筋力になります。

また、美しい立ち姿勢のイメージは、頭のてっぺんを糸で吊られているような状態です。ウォーキングの効果を発揮するためには、良い立ち姿勢で全身を使った歩き方をおこなうことです。

そのためにも以下の基本姿勢をイメージしましょう。

ー正しい姿勢の基本イメージー 

◇全身・・・軽く前傾姿勢をとる

◇あたま・・まっすぐ上に引き上げる

◇目線・・・水平になるべく遠くをみる

◇あご・・・地面と平行にする 

◇肩・・・・力をぬき、左右を平行にする 胸よりおなかはでません

◇おなか・・腹筋をつかい、常にうえにひきあげる おしりは背中よりでます

◇ヒザ・・・両膝の内側を軽くつける。横から見たとき耳・肩・くるぶしのラインが一直線になるように立つ

正しいウォーキング

おへその奥に中心をおき、腹筋をつかっておなかをしっかりと引き上げながら、上半身をうごかさずに骨盤から下だけをうごかす感じで平行に移動します。

歩幅は自分の肩幅が目安。腕は自然にふり、地面に1本の線をイメージして左右の足ではさみ、両ヒザの内側が軽くふれるようにして歩きます。

ー正しいウォーキングー

①足をまっすぐに振りだし、かかとから着地。つま先が地面から約30度の角度になるように移動。

②重心は前足のかかとからつま先へ移動する。上体は腰から押し出す感じで左右上下にぶれないように移動。

③反対の足を踏みだし、かかとから着地(30度)、全身が「人」の字になるように意識する。

④再度、上体を腰から押しだし、重心を前足のかかとからつま先へ移動し肩・腰・ヒザが一直線になるように意識してあるく。

 

【足が太い原因は浮き指かも?】足を細くするためのセルフケア解消法:まとめ

まっすぐな細い足!そしてスキニージーンズにハイヒール!女性にとって憧れを感じますね。エステサロンにも脚やせ、部分やせをご希望される女性はとても多かったです。

ことばではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、元エステサロンオーナーのブログですので、過去の事例からお伝えしましたが、イメージができれば行動に移すだけです。

何をしてもほそくならない太もも、その原因は〝浮き指〟かもしれません。ご紹介した浮き指セルフチェックで該当する方は、歩き方やストレッチなどで「そもそもの原因」を解消してくださいね。

最近では、正しい歩き方スクールや、モデル事務所がダイエット目的で歩き方スクールを開講されています。

費用もそれほど高くはなく、都度払い制度で、60分3,000円前後でレッスンをおこなっていますので、セルフケアをおこなうにしても、基本の筋肉の使い方、カラダのポジショニングの確認など、プロのアドバイスを受けることをオススメします。

また、どうしても時間がとれない方は、読み解いて頑張って正しい姿勢と歩き方をマスターして美脚を手に入れてくださいね。

※個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。


【綺麗になるセルフケア】


Pocket

コメントを残す